時代のニーズに応えるために・・・

道北若力会とは

道北若力会は、上川調査設計協会に所属する比較的若い世代同士が各企業の枠を超え業界の未来を考えるため、結集し情報交換や技術の研鑚、地域貢献等の推進を図り、これからの測量設計業界が健全に発達するために必要な事を真剣に考え行動を起し業界発展に寄与する事を目的に活動しております。

平成16年12月より、「測量設計業界の未来を展望する会」として設立され、設立以来14年の月日が経過し、地域の方々のご協力の中、様々な活動を実施している状況です。会員の構成地域も上川のみならず留萌、宗谷、網走と名実ともにオール道北となり、会員数も設立時の17名から大幅に増えて現在は48名となり、より多くの意見の中で活動を展開しております。

現在の測量設計業界は、多様な視点でのアイデアや多様なニーズが求められており、当会におきましても本業界に地域が求める社会貢献や新たに必要とされるニーズに向け、さまざまな活動をとおして会員の資質向上と技術の研鑽を図り、自分達の暮らす地域や故郷を住みやすくするために貢献できる会へとさらに成長して行かなければならないと思います。

これからも皆様の期待に添えるような活動を目指して、各地域との交流や協力、各会員の資質向上を目指した実践的な研修会の開催、そして測量設計に関するイベントを通じて地域との交流を行うなど、様々な事業を展開していきます。

道北若力会 会長 山根 毅

最近の活動内容

第61回旭川冬まつり連携イベント「はたらくきかいにふれあい体験」

場所:旭川冬まつり特設会場

日時:令和2年2月8日(土)~9日(日)

昨年に引き続き、北海道開発局旭川開発建設部、北海道上川総合振興局、旭川建設業協会、上川調査設計協会の4団体共催による「旭川冬まつり働く機械体験ゾーン」において、測量業界の魅力を伝えるため、測量体験を開催しました。

GNSS測量機を使用して、目的位置(お宝のカプセル)までの案内を人工衛星ナビにより体験してもらう宝さがしのアトラクションと、UAV(無人小型機)のシュミレーターによる操縦体験を開催し、多くの来場者に測量の仕事や測量機械の仕組みなどについて親しんでもらうことができました。

測量器械の体験者はのべ1400名を超え、旭川冬まつりの活性化に貢献できたと感じています。